スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコ洗剤

食器洗い用の洗剤ってどんなものを使ってますか?


元気な子どもの居る家庭では、揚げ物料理も多いです。ぎとぎと汚れを落としたくて、油汚れに強くて、あわ立ちのよい洗剤をつい使ってしまいがち。環境にも、カラダにも良くないと知りながら・・・


KIWI labo.の仲間うちでも、エコ洗剤を使いたいけど、石鹸類はやはりさっぱりしなくてと、不満が残る。重曹も使っているけど、ちょっと、使い勝手が悪いのよね~という悩みも。


私は今、これを試し中です。環境先進国ドイツで開発された「緑の魔女」です。


「バイオ・ハイテク洗剤」「バイオの働きで排水パイプもきれいに環境浄化に積極的に貢献します」と書いてます。弱酸性で肌にもやさしいです。界面活性剤はよくある合成洗剤の半分ほどで、植物性だそうです。


洗い心地:スポンジに直接つけて泡たてて洗う方には不満が残るようです。泡がたちにくいので、何度もつけちゃうからすぐになくなる。不経済ってわけです。


漬け洗いで:私は漬け置き洗いをやってます。洗い桶いっぱいの水に2~3滴。食後10分ほどつけておきます。それだけで、もう、こする必要ないくらいするっと汚れが落ちていきます。よごれがふわっと浮いたようになっちゃうんです。あとは、アクリルスポンジでするっとなぜるようにして、すすぐだけ。手肌がつっぱる感じもしないし、なんといっても洗い上がりがとってもクリア!ほんの2~3滴しか使わないので逆に経済的。鍋類は残った液体に漬けます。油汚れのフライパンもさっぱりしますよ。


泡だらけにしないと汚れが落ちた気がしないというのはきっと錯覚。この方法でやってみてください。さっぱり感、クリア感に驚きますよ。


20070227151241.jpg

スポンサーサイト

入浴剤

20070227145146.jpg小学生の男の子のいるご家庭の方には、共感してもらえると思うのですが、


お風呂、汚れませんか?


我が家では、お風呂掃除は子ども達の仕事。バスなんとかっていう洗剤を使ってバスタブを洗ってくれますが、毎度毎度ざらつきが残っています。洗剤もちゃんと流してくれているのかどうか・・・


そこで使い始めたのが、この入浴剤。
天然塩から抽出したミネラル豊富なこの入浴剤は、お湯をやわらか~くし、肌がすべすべになります。泡がたつので優雅なバスタイム。楽しいのでゆっくり湯船につかりますし、湯冷めしにくくほかほかです。ここまでは、普通の入浴剤と変らない効能ですね。


この入浴剤のすごいところは、バスタブをきれいにしてくれるという副次的効果があることなんです。湯垢がまったくつかなくなります。この湯で洗面器なども洗っておけば、かびもほとんどはえなくなりました。排水溝もぬらぬらしたものがつきにくくなりました。


残り湯は洗濯はもちろん、トイレ掃除に使えば便器もピカピカ!


一月分6000円ほどなので、ちょっと高価ですが、お風呂掃除の手間が省け、強烈な洗剤を使わなくて済むってだけで、価値ありです。


毎日頬ずりしたくなるほどピカピカの浴槽で、入浴できるので、幸せこの上ないですよ。


お試しあれ!

プロフィール

KIWI labo.

Author:KIWI labo.

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。