スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「耳をすませば」

昨夜の「金曜ロードショー」で、宮崎駿アニメ「耳をすませば」をやっていました。中学3年生の女の子が主人公で、好きな男の子が夢を追う姿に刺激され、自分も「物語を書く」という夢に真っすぐに挑戦するというお話です。

ああ~カワイイ初恋の日々。あんなに前向きになれる恋愛ってあったんだな~なんて、胸キュンもので観ていましたが、それ以上に注目!していたのが住まいについて。わたしは、子どもの成長と、住まい・子ども部屋との関係に、とても関心があるのです。

主人公の“しずく”の家は公団住宅のようなところで、玄関をはいるとすぐにダイニングキッチンがあり、その奥のガラス障子を開けると、子ども部屋があります。しずくはその部屋を、大学生のお姉ちゃんと共用で使っています。2段ベッドの上の段がお姉ちゃんのスペースで、そこはカーテンでぐるりと囲まれ、かろうじてのプライバシーを保っています。
しずくは、両親への健全な反抗期を迎えつつ、自分の小さな机に向って、必死に夢を広げています。

子ども部屋をどう与えるかについては難しい部分があると思うのですが、子どもが思春期になると、プライバシーを保てる空間は必ず必要だと思われます。家の中に自分の空間があるということは、自分の存在を自覚することであり、外に出ても自分自身を保てるということにつながるのです。

映画の終盤、しずくのおねえちゃんはアルバイトをして、一人暮らしをすることになりました。「そしたらこの部屋、しずくが一人で使えるよ。勉強にも集中できるようになるからね。」そうやってしずくは一人になった部屋で、落ち着いて過ごせるようになりました。
この結末は物語のメインストーリーではありませんが、しずくの自立を暗示する、隠された意味があると感じました。

3月12日(水)、2月の土谷さんに続いて、ICA関西主催(インテリア産業協会・関西支部との共催)で、「住まいの中の子どもの居場所」というタイトルでセミナーをさせて頂く事になっています。「子どもの成長をサポートする」という面からの住まい・インテリアを考えてみたいと思っています。子育て中の方、育児や子どもの発達に関心のある方、ぜひお越しください。わたしもいろいろな方のお話を聞かせていただきたく思っています。(残念なのですが、託児はできません。)


スポンサーサイト

寝室セミナー担当

2月13日水曜日、インテリアコーディネーター協会関西主催のユーザーセミナーで、講師を担当させていただきました。

このセミナーは、毎月第2水曜日に、天神橋筋六丁目の大阪住まい情報センターで、開催しています。インテリアコーディネーター協会関西のセミナーチームのメンバーが持ち回りで、ユーザーのみなさんと一緒に、よりよいインテリアを考えるセミナーです。

今回のテーマは、「気持ちよく眠る ~睡眠のメカニズムと寝室のコーディネート」ということで、まず睡眠事情をお話し、そのあと、睡眠チェックをしていただきました。その中でチェックの多かったものに注目して聞いていただくことにしました。
まずは、睡眠のメカニズムのお話です。睡眠というのは、生体リズムに大きく関連しています。睡眠の働きや人間のからだのリズム、体温や関係するホルモンのリズムなど。そして、あかり、色、家具について見ていただきました。
後半は、寝室のコーディネートを体験していただく、ボード作成実習です。
寝室の写真やファブリック、グリーンや小物類の写真で、A3サイズのボードを仕上ていただきました。実習は、手を動かしながら考えていただけるので、ご参加のみなさんは、とても楽しく取り組んでくださったようです。

インテリアは、肌に触れるという意味で、住まいにとって大切なものだと思います。そんなインテリアの良さをもっと気軽に取り入れてもらえるといいなと思います。

セミナー

あまったフェルトで作りました

tumiki

先日、KIWI手芸部でフェルトのペンケースを
つくったというお話しをしました。

その布の裁断を主に私が担当していたのですが
3cm角ぐらいの小さな端切れがいっぱいできたのです。
数えてはいないのですが50枚くらいはあるかな。

「これも何かにならないかな?」
「フェルトのアクセサリーとかもはやってるらしいよ」
なんて言っていたのですがこんなものを作ってみました♪

KIWI labo.のなかで、唯一元インテリアコーディネーター
から転身しておもちゃコンサルタントをしている私。
そこでさっそくおもちゃを作ろう!と思い
「フェルトで作った積み木」です。
フェルトなので布ブロックですね。

6枚の布をはぎ合わせて中に綿を入れただけですが
大きさがちょうど子どもの手にぴったりで
やわらかくけがをしないので、なかなか良い感じです。
このフェルトは2mm厚のものでしたので、
綿もぎゅっと詰めればとてもしっかりしていて
積みかせねることもできますよ。
仕事の合間をみて、ぼちぼちつくっているので
まだひとつしかありませんから
ちょっと雰囲気がわかりづらいですね。ごめんなさい。

刺繍をいれたり、アップリケをいれたりすると
もっとかわいくなるかもです!

あまったものや、身近な素材で何か作る事。
よかったら試してみてくださいね。
プロフィール

KIWI labo.

Author:KIWI labo.

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。