スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザイナーショーハウス!

一気に冬がやってきたようで、今日はコートにマフラーといういで立ちで、座談会に出かけていた水田です。皆さん風邪などひいていませんか? 

さて、来年の事になりますが、「デザイナーショーハウス イン 大阪」というインテリアデザインイベントに、KIWI labo.として参加する事になりました。

デザイナーショーハウスとは、アメリカで始まったデザインイベントで、古くなった邸宅をデザイナーが無償でリノベーションして、地域に公開し、観に来てもらうというものです。
デザイナーは自己PRができ、家の持ち主は古い家をよみがえらせる事が出来、地域の皆さんには楽しみなイベントです。
もちろん、商品や技術を提供するスポンサーは、盛大に宣伝をしてもらえます。
収益は、ボランティア団体やNPOなどに寄付されます。

この素晴らしいイベントが、ついに大阪でも開催される運びとなりました!
会場となるのは、なんと、「ホテルシーガルてんぽーざん大阪」
ここのワンフロアが、このイベントで生まれ変わります!

11組のインテリアデザイナーが、それぞれの客室を思い思いにデザインします。
そうそうたるメンバーに交わり、現在KIWIもデザインを煮詰めているところです。
さてわたし達らしい夢のある空間、どのように完成するでしょうか。
たくさんの方に協力して頂く事になりますが、かかわった人すべてが「参加して良かった!」と思って下さるイベントになると思います。


開催期間は来年2月6日~20日。
期間中は、様々なパーティーやミニセミナーも盛りだくさんに繰り広げられますので、今から手帳にチェックを入れて、楽しみに待っていて下さい。

お手伝い下さる、ボランティアスタッフの募集もあります。
詳しくは
http://www.dshjapan.com/staff-blog/

スポンサーサイト

小説の中の食に関する記述

今、KIWI labo.でキッチンにまつわる研究活動として
座談会を重ねておりますが、
そのためいつにもまして「食」ということにアンテナがはたらきます。



先日中3の息子が買ってまで読んでいた小説
「八日目の蝉」角田光代著


不倫相手のこどもをやむなく堕胎した女性
その直後不倫相手の妻が出産
自分のこどもをうめなかった女性は
ただひとめ好きな人のこどもをみたいと
無施錠で赤ちゃんをおいて出かけた不倫相手の家をたずね
半ば我が子だと錯覚したかのように
思わず赤ちゃんを連れ去ってしまう。
逃亡しつつ3歳くらいまで我が子として育てたところで
発見されてしまい、、、


ほんとうの両親の元に戻ったこどもは、
この誘拐のせいか
夫だけでなく妻も不倫していたような夫婦で、
次女をもうけていたものの
ぎくしゃくと荒れた家庭の中で育っていく。
その荒れた様子は
母はごはんをつくらず、毎日のように
「買ってきたお惣菜がそのままの容器で並べられた食卓」というように
描写されている。


一方で誘拐犯である女性は、
ほんとに我が子だと錯覚したまま
あふれんばかりの愛情をそそいで育てていくのですが、
3歳で連れ戻されたこどもがあいまいな記憶の中で
覚えていたことは、
逮捕されるときに誘拐犯が叫んだ言葉

「その子はまだ朝ご飯を食べていないんです!」



母親の愛情が「食べさせること」で表現される。
必ずしもそれだけが母親の愛情の表れだとは言いませんが、
人間もひとつの生物として捉えてみれば
食べること、食べさせることが、人間を形成する上で重要だと
わかるのではないでしょうか?


ところで我が息子は食が細く偏食です。
良く食べる娘と違い低体温でよく体調を崩します。

キッチンスペシャリストの方のブログにも書きましたが、
食べない子を持つ母親の悩みは、
よく食べる子の母親にははかりしれないことでしょう。
食べることが大切だと伝えきれないもどかしさはつきることがありません。


木のおもちゃを作ってきました

なんだかさぼってばかりいて、久しぶりのブログ担当です。
それなのに、またうっかり更新を忘れていて、1日遅れで更新しています。

土曜日に年長さんの娘を連れて、近所のカルチャーセンターで
木のおもちゃを作ってきました。


minori


ちょっと携帯電話の画像で、分かりづらくて申し訳ないのですが
ツリーハウスを作りました。

教えてくださったのは、Mtoysアトリエ主宰の木のおもちゃ作家
松島洋一さんです。
実は、私は仕事の関係の、この方のお名前だけは
前々から存じ上げておりました。
その憧れの先生が、近所に教えに来てくださるとの事で
迷うことなく行ってきたというわけです。

松島さんは、本業はおもちゃメーカーが売り出している
木のおもちゃのデザインをされているそうで、
この話はその日、初めて聞きました。
さっそくメンバー瀬口に伝えなければ!(身内話ですみません汗

話はそれましたが、松島先生がツリーハウスに憧れておられて
このおもちゃをデザインされたそうです。

私、正直なところ見本をみたときは、大きいしデザインがかっこいいわけでもないし
作っても学校の工作のように持って帰ったらじゃまになるのでは・・
と失礼ながら恐れていたのですが、なんのなんの!!

作っている過程も真剣そのもの、そして、写真のわが子は作ったすぐから
木の人形をブランコに乗せて遊んでいるのです。
他の子どもたちも、とても創意工夫にあふれたオリジナルなおもちゃを作っていて
感心させられました。

自分の手を動かして、何かを作るということはとても大切なことですね。
基本にもどる思いをした体験でした。
プロフィール

KIWI labo.

Author:KIWI labo.

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。