スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古着deワクチン

そろそろ、年末が近づいて大掃除の時期になって来ましたが、
つい貯め込んでしまった、着ていないお洋服を、この機会に整理しようと思っている方も
いらっしゃるのではないでしょうか。(わたしも、その一人ですが)

そんな中、先日届いた通販カタログに、こんな素敵な商品?が載っていましたので、ご紹介したいと思います。

"eyeco"(アイコ)という、リクルートさんの通販サービスなのですが、
ここでは、デザインや機能にすぐれていることはもちろん、

☆自然への配慮のある商品
☆再利用への配慮のある商品
☆安全、健康への配慮のある商品
☆長期使用への配慮のある商品
☆資源への配慮のある商品
☆環境・人への取り組みがされた企業の商品

が、世界中から集められているのです。

わたしは数年前からここで時々買い物をしているのですが
先日届いた最新カタログに、

「古着deワクチン」

という見慣れない商品が…

価格は735円(税込)
これを購入すると、送られてくるのは宅配便の伝票。

家に眠っている古着を段ボールに入れ(大きさ規定あり)、この伝票を貼って発送。

すると、700円のうちの100円が、5人分のワクチン代としてNPO法人に寄付されます。
古着は輸出され、発展途上国で安価に販売されます。

販売することで現地の雇用を生み出し、その売り上げの一部がまたワクチン代として寄付されるのです。

どうでしょう、家の整理と同時に、途上国支援もできるというこの素晴らしいシステム!

世界にはたくさんの貧しい国があり、貧しさゆえに健康に育って行けない子どもたちがたくさんいます。
日本という恵まれた国で、恵まれた環境で子育てできる事が本当に有難いと思うのと同時に、
困難の中にいる人たちに何かしたいと思いながらも、あわただしい日常の中では、なかなかその機会がありません。

でも、これならあまり無理せず、参加できそうです。
わたしは必ず参加しようと思っています。
皆さんも、一口乗りませんか?


詳しい事は、こちらのページをご覧ください。
eyecoオンラインショップ 古着deワクチン
スポンサーサイト

インテリアフェスティバル パネル出展終了

DSC06283.jpg

インテリアフェスティバルでのパネルの様子


インテリア産業協会主催のインテリアフェスティバルが、東京ビッグサイトで開催されました。

IC&KS専用PRコーナーに、KIWIlabo.でパネルを出展させていただきました。

キッズプログラムの様子やKS研究活動の紹介、デザイナーショーハウスatホテルシーガルてんぽーざんの私たちがデザインしたお部屋の写真など、思いをいっぱいこめて作りました。

入ってきてすぐのところにパネルがありましたので、たくさんの方に見ていただけたかな~と思っていますが、ご覧になった方いらっしゃいましたら、ぜひご意見が聞きたいものです。

私が見に行ったときは、男性が見てくれていました。
そのあと、お若い女性も見てくれていましたよ。

ご覧頂いた方、本当にありがとうございました。

今後も活動をホームページやブログで紹介してまいりますので、またぜひホームページやブログにお越しくださいませ。




テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

寒くなってきましたね

この2、3日で急に寒くなってきた大阪です。

いよいよ、クリスマスや年末も近づいてきたんだな、と実感もわいてきました。
スケジュール帳もたくさん並びますし、買いたいものもいっぱい♪

インテリアも冬っぽくしたいな~
なんて、話をしていたら、昨年作ったモチーフがたくさんあるのを思い出しました


fuyu


一番大きな雪の結晶は、2月なのに雪はあかん!と採用されなかったもの。
となりのお花は採用されたものの、試作品。
そのときに買った、アクリルビーズと作ったフェルトボール。

いろいろとでてきたので、ぜひこれでモビールを作ろうと思います!

前回作ったときの作品を改良して、よりよいものができるかどうか
今から改めて試作をしますね。
うまくいくようでしたら、ワークショップもできたらいいなと思っています。

楽しみにお待ち下さい

学校のインテリア

先日、兵庫県豊岡の三原谷というところへいってまいりました。


三原谷の廃校になった小学校で催されたイベント
「川の風のまつり」に
知り合いの映像画家・藤原次郎さんが講演されるというのを前日に知り
以前から彼が撮る田舎の風景をみてみたいと思っていたので
思いたって尋ねてみたのです。
http://www.iimono39.jp/



三原谷は素晴らしいところでした。
幸運にも藤原さんにロケ地を案内していただけまして
なんとも贅沢な時間をすごしました。



どこをとっても美しいのです。
人々の静かな営み、自然と人の手による美しい仕事。
そんな印象をうけました。



廃校になったという学校は、
いつ頃建てられたものか知りませんが、
こどもたちへの愛情を持ってつくられたものだと感じました。


窓からの風景も素晴らしく、
こんなところで学んで、育っていったこどもたちのなんと幸せなことか。
SN3F4133.jpg
木製の窓です。
当時は寒かったり暑かったりしたのでしょうが
なんとも言えない情緒です。



今は少し改装されていますが、
残っているものもあります。

このデザインには心うたれました!
SN3F4135.jpg

こどもたちのコートをかけておくフックでしょう。
このフック、レールにつってあって
横に移動するんですよ。
別のレールには番号はふってありました。
レールといい、フックの形状といい
色といい
とってもかわいらしいのです。

ついでに、そのうしろの壁。
何度も色を塗り重ねてきたのでしょうね。
なんともおもしろい模様になっています。



SN3F4144.jpg
階段の蹴上げの低さ、手摺の低さ、
まん中に入った白いセンターライン!




学校だけじゃなく、ここすべてが
素敵です。
不思議の国に迷い込んだような気持になります。
もちろん、ここで暮らしている方々がいらっしゃるわけで
日常なのでしょうけど
よそから入り込むと、不思議な感覚になります。



忘れていたものを思い出させてくれる場所です。
是非一度訪れてみてはいかがですか?


プロフィール

KIWI labo.

Author:KIWI labo.

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。