スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天神祭!

こんばんわ~、水田です。

大阪生まれ、大阪育ちのわたし、といっても田舎の方で育ったのですが
自分でも不思議なくらい、天神祭にハマっています!
(なんとわたし、今年は3日間通いました(笑) 夕方からですけど^^)
 
天神祭というと、大川にたくさんの船が行き来して、その上を花火が上がるのを見に行くものなんですが
 
本当の天神祭は、それだけじゃないんですね~
前後に、いろんな厳かな行事が行われています。
 

船と花火のイベントは「船渡御(ふなとぎょ)」と呼ばれるものですが
それが終わった後、渡御列が参道を天満宮に還って行きます。
普段のオフィス街が嘘のような、タイムスリップしたみたいな時代絵巻が繰り広げられています。
今年、それを初めて見る事ができて、写真に撮れたので、一部をご紹介しますね☆


とても長い長い行列で、止まりながらゆっくり進んでいくので、全部を見ている事は到底できませんでした~

  
牛曳き童子が、黒い牛さんを曳いて歩いています!
 
P1100673_small.jpg


神さま(菅原道真さん)が乗っている御鳳輦(ごほうれん)です。

P1100688_small.jpg

御鳳輦が天満宮の中に入ると、中では還御祭(かんぎょさい)という儀式があって、神さまが本殿に戻ります。
天神祭は、年に一度神さまが神社から出て来て、輿に乗って市内を回るという、ちょっと不思議なお祭りなんです。




スポンサーサイト

なんだかピシリと決まらない!

木曜日担当の野路です。
全国的にそんなふうらしいですが、大阪もなんだかお天気が不安定な感じの毎日です。

今日はちょうど13時半ごろに外出しなければならない仕事があったのですが
みなさんおっしゃるように、やっぱり・・・

大阪の夏は暑い

自転車で20分ほどのところに13時半にでかけて、1時間ミーティングをして
また20分ほどかけて事務所にもどっております。
一日のなかで一番暑い時間に、外出したものですから、
つい「暑いわ」と言ってしまった次第です

麦茶を飲みつつ、あと一仕事です♪

タイトルの「ピシリと決まらない」こと、それはなんだ?!

今日は画像もなく、ちょっと元気のない個人的な内容なので
こっからさきは、読んでくださる方だけどうぞ・・


自分が担当する「ママを応援するようなレッスン」の内容です。
「おもちゃコンサルタント」という資格をもっていて、
それをいかしてあーだ、こーだと思うものの
なんだかいまいちしっくり来ない。
自分がしっくりこないものを、人に教えられるはずもなく・・
うだうだうだうだ・・・

考え出すと、マイナス思考がぐるぐる回るだけで抜け出せない!!

結論はでないのですが、ひとつだけ認めたくないけど、気がついていること
「まだまだ本気でやっていないでしょ!」

現実にきちんと目を向けて、もっとできることがあるはず。
しっかりしなくては。

最後までおつきあい、ありがとう♪
もうすぐ帰る時間ですが、夕立が来ないか心配な野路でした。
(自転車通勤のためです自転車に乗ると意外と気分はスッキリします★)

あけちゃんのおとうさんの畑より

こんばんは!水曜日担当になった瀬口です!

ひとり関西から離れて、大分の暮らしをはじめ
はや4か月が経過しようとしています。



田舎に帰ってきての最大の利点は
なんといっても「のんびり感!」

わたしはやはり田舎の子だったんだなーと思います。
もう大阪の時間の流れには戻れそうもないです(笑)。


それから、もうひとつ。
こちらでは、やはり農業をやっている方が多く、
なんだかんだと新鮮なお野菜をいただけることです。


昨日も近所に住む中学からの親友が
「野菜いる~?」とメールしてきて
10分で届けてくれました。
彼女のおとうさまがやっておられる菜園でとれたものです!


新鮮です!無農薬です!


今日はりっぱなつやつやのピーマンをいただきました!
110727ピーマン

新鮮な野菜はシンプルな調理にかぎりますよね!

パエリア

今日の我が家の晩ご飯。

初めてつくりました。

パエリアです

110726_2249~01

炊飯器で炊けるパエリアというスパイスがあり
それと材料は、ムール貝はなかったので、あさりです。

本格的なパエリアにはかないませんが、
なかなかの味で、家族も満足

今日もう一つ初めてのメニュー
「冬瓜のサラダ」
写真撮るの忘れてしまいましたが。。。
これは、クックパッドを参考に
作りました。

いままで、冬瓜ってだし汁でたくことしか
知らなかったのですが、初めて生でたべました。
クックパッドは便利です。
っていうかNETって便利ですね。

献立に困った時やいっぱいお野菜をもらって
いつもの調理法とちがう食べかたないかな?と
思ったときなどけっこう頼りにしてしまいます。

お料理に限らず、今、調べたいことがあれば
必ずNETで調べちゃいます。

無くなると困る、道具です。

土用の丑の日

こんにちわ、金曜日担当になりました、水田です。

昨日は「土用の丑の日」でした。
言うまでもなく、鰻を食べる日。

今年は「土用の丑の日」が2回あって、8月2日も丑の日らしいですよ^^ 

昨日食べ逃した人は、ぜひ8月2日に^^
 

 
うちの子どもたち(小5、小1)は、以前は鰻のかば焼きを、ほとんど食べませんでした。
皮のにょろにょろした感じが苦手みたいで、まあ、分からなくもないですね。

でもだんだんと、食の嗜好も変わるみたいで
先日、夕飯にかば焼きを出した時は、お兄ちゃんは「うまい!」といってパクパク、
弟もそれにつられて何となく食べた、みたいな感じでした。
 
昨日は鰻を入れた茶碗蒸しを作ってみたのですが
また、お兄ちゃんは「うまい!」とかき込むように食べてくれて
弟は「オイラ(彼は自分の事をオイラとか、コッチとかいう)茶碗蒸し苦手なんだなぁ~…」
と言いながら、半分くらいは頑張って食べたかな。

元々は、お兄ちゃんはおチビで体格も細くて、食も細かったんです。
弟の方が、体格も良くてよく食べるタイプだったのですが

5年生のお兄ちゃんは成長期に入ってきたのか、おチビながら、よく食べるようになって来ました。
甘いお菓子にはほとんど興味がなくなって来てます。

弟の方は、まだまだ味覚がお子ちゃまです。

だんだんと、変わっていくのでしょうね。
誰に合わせて、食事を作ったらいいのでしょうか~~(笑)

結局は、わたしの好きな物を作りそうです(笑)






節電の夏!

本当に大きな台風でしたね。
被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。
私たちの活動する大阪市内あたりは、たいしたことがないのですが
それでも、かなりすごい暴風だな・・と19日の夜には感じました。

今年の夏は、「節電」がキーワードですね。

私自身は、夏生まれのせいか、どんなに暑いといわれる昨年の夏でも
今年の夏でも、夏が大好き!!です。

暑さも感じたいし、セミがうるさく鳴くのも聞きたいので、
もともとクーラーは控えめで、できれば窓を開けて過ごしたくて
一昨年ぐらいから緑のカーテンにも真面目に取り組んでます。
すだれもずっと愛用していますね~

住まいが東向きベランダがメインのマンションのため、ゴーヤには不向きなので
朝顔とふうせんかずらを毎年育てています。

こちらは、勤務先(くらむぽんサロン)の小さなベランダで育てているふうせんかずら♪

fuusenkazura

南向きですが、奥行きが60cmぐらいの小さなベランダでしょう?!
夏は植物がよく成長するので、毎日大きくなるのが
とても楽しみです。

毎年続けることができているその理由は?

ずばり、夏が終わったときに
たくさん種が収穫できるのです

ハート模様のかわいい種を、見るたびに
「せっかくだから今年も育ててやらなくちゃ!」
そんな気持ちになるんです。

来年は育ててみよう!と思われた方、夏が終われば
種をお分けしますよ

今週から、木曜日担当になりました、朝型タイプの野路(のじ)でした。
次の更新忘れませんように

虫よけサシェ

今日は台風で、大阪は警報が出ており
学校は休み。
終業式のところも多かったようですが。。。

うちの息子は、高校で期末テストの最終日。
警報による延期を祈って昨日寝ていたのが
願いが叶ったようで、10時まで警報が解除されませんでしたね。
10時までに解除されなければ明日へ延期。
解除されたのが10時7分という
この子達の為に警報が出ていたような感じですね。
まんまと、試験は延期。しかも、今は警報解除で
外には出れるしね。。。

さて、昨日は、豪雨の中、KIWI定例会をしました。

雨にも負けず!です。

そこで、ブログリレー復活しようということに。

今日から、始めます。

さて、いつものくらむぽんで定例会があり、
そこへ「ヒビハル」店長であり、
KWIメンバーの五女、みずたさんが
「ヒビハル」で販売中の雑貨をくらむぽんさんに
置いてもらうためにもってきており
その中の「虫よけサシェ」に興味深々で
KIWIメンバー三女の野路さんと
「いいねー」って買うことに。。。

ヒノキ、ユーカリなど天然成分の
香りで虫がよってこないというもので
かわいい、三角のサシェつき。

虫よけサッシュ

さっそく、鞄につけて帰りました。
直接においを嗅ぐとツンとする香りがしますが
鞄だとたまにふんわり香るくらいで
気になりません。
虫の多い所へは行ってないので
効果のほどは、試せてませんが
化学物質の固まりで
出来た薬による虫よけより
安心して使えます。

特に赤ちゃんや小さいお子さまには
いいんじゃないでしょうか?

ご興味のある方は、
雑貨のお店「ヒビハル」覗いてみてください。
ネット販売のお店ですが、こちらです。

http://hibiharu.shop-pro.jp/?pid=32373956

雨上がり

今日は一日中、雨でしたね~。

でも、雨上がりに虹がでてましたね~。

見た人いますか?

こういうのを見ると雨が降ったことも
いやなことはすべて忘れることができますよね。

虹の写真は撮りそこねてしまったのですが
夕焼けがきれいだったのでぱちり

SN3S02510001.jpg

久しぶりにこんな夕焼け見た気がします。
まわりがすべて、オレンジに包まれる感じ。
とても、ほっこりした時間でした。

夕焼けってなんともいえない気持ちにさせてくれますよね。

人は、オレンジの光をみると落ち着くんです。
寝る前に、オレンジの光を見ると
自然と眠りにつける。

それは、昔、照明が無い頃、夜は火を灯して
灯りをとっていました。
それが、遺伝子として、火の光を見ると
夜→寝る時間というメカニズムをつくってしまったからだとか。
遺伝子は偉大なり。。。



時をかける少女

「時をかける少女」のDVDを借りてきて見ました。
それも、原田知世主演の。。。
5月に尾道へ行ってから
大林宣彦監督の尾道3部作が見たくて見たくて。。。

レンタルビデオ屋へ、やっと行く機会ができ、
一番借りたかったのは、「転校生」だったのですが、
いくら探してもなく、「時をかける少女」だけが
リメイクされた、仲里依紗版の中に混じって一つだけあったので
それを借りてきました。

台詞や出ている人のファッションが古さを物語っていましたが
舞台は、尾道の昔から変わらない風景があり
ロケ地マップ(尾道へ行った際に入手)を見ながら
ここかな~?とか言いながら見ました。
たぶんこの神社は出てたとこだと思うのですが。。。

SN3S0093.jpg
和子(原田知世)が子どもの頃、両親とお参りに行った神社で
神隠しのような現象にあうところです。

時代のギャップに笑えるところもありますが
今では、きっとCGで処理されそうな特撮が
なんだかいい味を出してます。
尾道の風景とあってるんですね~。
話も、心にふわっとしたものが残る感じで
ハッピーエンドじゃないのに暖かい感じがしました。
さすが筒井康隆さん、かしこブレインですね。

「転校生」「さびしんぼ」を見てもう一度、尾道へ行きたいです。

星に願いを

先週、仙台の弟が、仕事で大阪にやってきました。

震災後初めて、会いました。

弟の所は山手で、家も全く大丈夫だったのですが、
直後は、一回だけ「とりあえず大丈夫」というメールが
来たきりで、ぷっつり連絡が取れなくなり、
心配しました。
一日たって、電話がかかってきたときは、ほんとに
よかったなー。って安心しました。

しばらくは生活も不自由していたようですが
今はもう、なにもかも元通りで
こうして大阪に仕事でこれるまでになりました。

こんなおみやげまでもらってしまいました。

和らすく
  「和らすく」米粉でできたパンのラスクで味も和風です。
   焦がしきなこ・仙台味噌・抹茶の三種類。
   ふんわりしていて、焦がしきなこは、あべかわもちのようです。

まだまだ、大変な方も、たくさんいらっしゃる被災地
一日も早い復興をお祈りしております。

明日は七夕。星に願いを。。。お天気になるといいですが。。。

梅田スカイビルでは東北物産フェアを開催中です。
その関係で弟も来ていたようです。
梅田へ行かれた際に、気が向けば立ち寄ってみてください。
http://www.skybldg.co.jp/event/tanabata/index.html

アルフレックス

ちょっと、休んでしまいましたが。。。
旭川の最終日報告です。

最後の日は、アルフレックスの工場へ。
工場へ入ったらすぐに大きな筒に入った
たくさんの張り地。
こちらは、ほとんどがイタリアからの輸入物だそうで
品質保持のため冷暖房は入れない、光は入れない。
ということで、窓には暗幕が。
この工場は元、木工場で真ん中に中庭がありのどかな
景色が本来なら広がる工場だったらしいのですが
せっかくの中庭が暗幕で覆われていました。

品質を守るため仕方のないことです。

布の横には大きな型紙があり、既に廃盤の物から
アルフレックスのソファすべての型紙がそこにあるそうで
会社の財産だそうです。
万が一火事があっても、これだけは持って逃げなくてはという
ほどだそうです。
これさえあれば、どこでも再開できるということでしょうか?

その型紙を広げて、布を裁断していく女性がいました。
彼女の頭はどうすれば効率よく型をとれるか
考えてをぐるぐる巡らしているらしいのです。
話しかけたらやばそうでした。

カンディハウスでみた、自動裁断機とは大違い。
その向いには、ミシンで布、皮を縫っていく人達。
大きな布や皮をあっちにやったりこっちにやったり
たまには担いだりしながら縫うことも
あるそうです。

こうしてみると、こちらの工場はかなりアナログ。
すべて手作業です。

昨日のカンディハウスとは全然違います。

しかし、聞くところによると
カンディハウスとアルフレックスは提携を
結んでいるらしく。

ハコモノやテーブルといった、木を使った物は
カンディハウスの工場で。
椅子やソファの張り加工はアルフレックスで
するという事になっているそうです。

それぞれの得意分野を生かし
効率よくということでしょうか。

最後の出荷の所には、カンディハウスの名前の入った箱が
ありました。

さて、ソファの中身はどうしているのか
というと、アルフレックスの場合は
ほとんどがモールドウレタンという製法でつくられます。
ウレタンにもいろんな製法があって
スラブウレタンという荒いスポンジのようなものから
目の詰まったしっかりした物まであります。
モールドウレタンは、特種な液(何かは内緒です)を混ぜ合わせ
型にいれしっかりとふたをします。
しっかり止めなければ、いくらでもふくれあがって
型からあふれ出すほどになるらしいのですが
それを押さえることで、強度がでるそうです。

実験でモールドウレタンがふくれる様子を見せて頂きましたが
あっという間にもりあがってきて
入れ物が家庭でもよく使うボウルだったので
できあがりは大きなプリンのようでした。

触るとプニプニ。気持ちよかったです。
そういうのがアルフレックスのソファにははいっており
型が崩れないのだそうです。
なのでこの工場に入ってくる仕事は
新しいものを造るより、張り地の張り替えの方が多いくらい
だそうです。それだけ長持ちすると言うことです。

いいものは、値段もしますがそれだけ長持ちしますね。

そして、最後の検品作業をする男性がおられ、
彼は、この道○十年。全ての出荷される商品を
彼が必ず見て、触って、座って、しっかりと検品します。
社長がいいと言っても、彼がダメだと言えば、出荷はされないそうです。
それだけ、会社に信頼され、アルフレックスには無くてはならない存在です。
休めないですね。それはお気の毒ですが。。。
お客様の所へいく商品が、すべて彼が検品したのかと思うと
なんだかスターにでも会ったような、感動でした。

アルフレックスを後に、旭川家具産地展会場へ
そこでは、旭川の家具メーカーがブースを設けて
新作を展示しており、そこで、はじめに書いた
インテリアナスさんに出会ったのでした。

最後にカンディハウスにもう一度立ち寄り空港へ。

楽しかった旭川の旅も終わりです。

前日からこの日にかけてたくさん移動したのですが
車もないわたしたちがなぜこんなに効率よく
たくさんの会場へ行けたのかというと
GPシャトルという仕組みで、メーカー、イベント会場、空港の
間を無料のタクシーが行き来してくれるのです。

受付でタクシーを呼んでもらって次のメーカー、もしくは
会場を告げると無料でそこまで行ってくれるのです。

すごく便利で助かりました。
そうでなかったら、広い旭川の地をこんなにたくさん
回れませんでした。

旭川のみなさん、ほんとうにお世話になりました。
楽しく、充実した3日間を送ることができました。

ありがとうございました。

また、3年後、是非行きたいです!




プロフィール

KIWI labo.

Author:KIWI labo.

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。