スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病児保育室を取材させていただきました

mDSC02675.jpg

先生が作られた折り紙を帰りにお土産にできます^^
ちょっとした心づかいが嬉しいです。




こんにちは!

月曜日担当の土谷尚子です。

KIWIlabo.ブログ、今週も順調にスタートです。
今週もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。




さて、先々週、先週と、合計3件の病児保育室を取材させていただく機会がありました。


うちの子どもたちが小さい頃は、まだまだ病児保育という仕組みは浸透していなくて、子どもが病気のときは、困ったことが何度かありました。


小学校へ行ってからでも、病気の時に、仕事に行かなければならず、家においたままにして、心配したことが何度もありました。


今は、子育て支援の一環として取り組んでいる地方自治体も多く、病気のときでも安心して預けて、仕事や通院などできるようになっています。


今朝、地元の市の広報誌が届いたので見てみると、我が市にも病後児保育の施設ができているではありませんか!


かれこれ10年の間に、すっかり整ったのだなあと、とてもうれしく思いました。


お困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度、調べてみてくださいね。




※決して、楽をするために預けてくださいという意味ではなく、
 気負わなくてもいいですよ~という意味です。
 どうか、悪くとらないでくださいませ


テーマ : こどもの病気
ジャンル : 育児

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かわいい、折り紙!あのトトロほしいな~。
ほんと、仕事を持つお母さんは、子どもが病気になったとき、
どうしようと思ってしまいます。
休めないときってありますもんね。
どんどん、こういう取り組みが広がってくれるといいですね。

折り紙、かわいいよね~その心配りがステキ。
病児保育なんやから、「また明日~」って言えないからね~
どんどん広がっていくといいですね~^^
プロフィール

KIWI labo.

Author:KIWI labo.

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。