スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶について

ブログリレー、火曜担当の久保ですが
ずいぶんさぼってしまいました。。。

先日、久々に一日休むことができ
とあるグループの企画に参加。

福寿園のCHA研究センターの見学へ。

まず外へ向かって看板の所まで歩いてい行ってください。
と言われ、向かっていくと道路に面して茶畑が広がっていました。
ここには、80種類ものお茶が植えられているそうです。
120418_1352~01
紅茶あり、緑茶あり。。。

新芽がいっぱい出てきてました。
120418_1348~02

来週から、お茶摘み体験もできるそうです。
30分摘み放題、525円だそうです

そして、その横に、温室があり、そこでは、冬でも
新茶が採れるようになっており、
1月に茶摘みが行われるそうです。

また、いろんな色の光を当てて
どう育つかも実験されていました。

建物の中では、いろんなお茶を
つくる機械があり、中でも印象に残ったのが
「碾茶」(てんちゃ)
碾茶とは、摘みたてのお茶を揉まずに
そのまま、 乾燥させたもの。
なので、葉がまるまらず広げたたまま。
それを石臼ですりつぶした物が
お抹茶になります。

それから、お茶室では、
お菓子とお抹茶を頂いて
ほっこりしました。

他に世界のお茶コーナーがあり
そこでは、世界のいろんなお茶のことを
学ぶことが出来ます。
お茶の発祥の地、中国では
烏龍茶のイメージが強いですが
意外と緑茶のほうがよく飲まれているそうです。

おみやげコーナーで
碾茶が売っていたので購入。
季節限定の桜の葉入り煎茶も買って帰りました。
120418_2345~01
碾茶はそのまま食べてもいいし
お茶としては、氷だしがいいそうで
氷でじっくり一日かけて入れると
甘味がでて煎茶とはまたちがった味わいが。

お茶を楽しむ時間というのは
贅沢なようですが、必要ですね。
ほんの少しでもそういう時間がもてるよう
心がけたいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KIWI labo.

Author:KIWI labo.

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。